入院ベッド(病床)の増床について

平成から令和となった40年目を迎える年に入院のベッド数を増床しました。一般病床50床に加え、新たに療養病床48床を増床し総病床数98床となりました。一般病床は、通常の治療から厚生省が定める障害者施設基準を満たしており幅広い診療が可能です。療養病床は、病状が安定した長期療養に対応しています。