発熱外来

インフルエンザが流行っています。感染拡大を防ぐため、一般外来とは別に救急室に発熱外来を設けました。

・38度以上の発熱がある
・悪寒や全身倦怠感が強い
・周囲にインフルエンザの人がいる

などインフルエンザの可能性がある方はお知らせ頂き、赤矢印に従い救急室前の待合でお待ち下さい。

高熱はなくても通常とは異なる悪寒や倦怠感がある人にインフルエンザ陽性が出ています。「微熱だけどゾクゾクが止まらない」「熱や咳はないけど胸の奥が重たくて痛い」の訴えでもインフルエンザでした。

早めにインフルエンザ検査を行い、早期の治療と感染拡大を防ぎましょう。